事業内容

ホンバンの職業体験(キャリア教育)

子どもを対象にした職業体験(キャリア教育)で、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 参加している子どもたちは ⇒ ホンキ度が低い、やらされ感がある、得るものが少ない。
  • 協力している企業や店舗は ⇒ 社会貢献にはなるが、本業(収益向上等)にはつながらない。

rine2

ならば是非、当法人にお問い合わせ下さい。

当法人では、子どもを「体験させてもらっているお客様」扱いするのではなく、ビジネス・パーソンとして対等に扱います。そして彼ら彼女らのアイデアやエネルギーを、企業・店舗・地域などに提供したり、社会の課題解決に活かしたりします。またその結果、企業や店舗にとって、収益向上や人材育成など本業にプラスとなるように していきます。

事例2千葉県の商店街を活性化するために、地域の小学生達が「お客様ではなく運営者」として参画。

事例1 12才の子どもたちが考案したレシピとパッケージを、シューアイスの全国ブランド「HIROTA」が商品化。
事例3 震災の風評被害を受けている特産品を、地元の中学生達が東京の超有名デパートで販売。

事業内容

jigyo2

上記のようなコヂカラ事業と、以下のような子ども向けや大人向けの講演が、主な活動です。
※コヂカラ事業と講演を組合せると、非常に効果的です。

来場者(受講者) 講演タイトルの例
教育関係者や保護者 「子どものチカラを信じよう」
「我が子が自立した社会人になるために」
企業や地域 「子ども教育と会社経営の共通点」
「子どものチカラで地域が活性化」
子ども・若者 「自分のチカラを信じよう」
「自分の“なりたい”になるヒケツ」
全世代対象 「ワーク、ライフ、ソーシャルの3本柱、全てを楽しむには」
受託実績
行政 宮城県、神奈川県、川崎市、名古屋市、など
学校 早稲田大学、千葉大学、神奈川総合高校、中原中学校、自由学園など
民間 三菱商事、NTTデータ、ヒロタ、芝山商店街、こまちぷらす、など