第1回イクボス式教育フォーラム開催

第1回「イクボス式教育」フォーラム
「これからの人材育成と子ども教育とは~子どもの力を信じよう~」

偏差値だけでいいのでしょうか。受け身の習い事は、子どもの自立に役立ってますでしょうか。
 今、企業が求めている人材は、「問題解決能力」「コミュニケーション能力」「遂行する能力」「失敗から学ぶ能力」「チームワーク能力」、そして「臨機」と言えるでしょう。
 AI(人工知能)が急速に発達し、小学生の65%が今は無い職業に就くと言われている現在、上記のような能力を有している「自律型人財」が、更に求められてくるのではないでしょうか。

 現在、姉妹NPOであるファザーリング・ジャパンが展開している「イクボス」は、イクボス企業同盟への加盟企業が数百社を超えました。また、47都道府県の知事が、続々イクボス宣言し日本中に広がっています。イクボスの定義と10か条では、「自律型の部下や社員を育む」ために「部下のチカラを信じよう」というフレーズを入れ、各企業・行政の講演で現場を回って行く中で、多くのリーダーに共感を得てきています。つまり、求められる資質は、親と上司ともに原則が同じということです。

 そこで、コヂカラ・ニッポンでは、自律型人財を育むために、「子どものチカラを信じよう」というコンセプトで「これからの子ども教育とは」を「イクボス式教育」と名付け、皆様にご提示してまいります。

 皆様の参加をお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:2017年2月24日(金)18:30〜20:45(受付18:00)
場所:文京区 区⺠センター(2-A会議室)
     都営三田線・大江戶線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
    東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分

定 員:180名
参加費:無料
主催:NPO法人コヂカラ・ニッポン

登壇者:
 高橋 俊之(立教大学 特任准教授)
 高倉 千春(味の素株式会社 グローバル人財マネジメント 部長)
 青野 慶久(サイボウズ株式会社 代表取締役社長)
 安藤 哲也(コヂカラ・ニッポン 理事)
 林田 香織(コヂカラ・ニッポン 理事)
 中原 久子(コヂカラ・ニッポン 副代表)
 川島 高之(コヂカラ・ニッポン 代表)

モデレーター:
 浜田 敬子(AERA前編集⻑)

チラシデータ:
「イクボス式教育」第1回フォーラム告知チラシ

問合せ・お申込み:
 特定非営利活動法人コヂカラ・ニッポン 事務局
 参加希望の場合は、必ず下記のフォームより事前にお申込みください。
http://www.kokuchpro.com/event/kodikara20170224/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2016-12-15 | Posted in 講演・イベントComments Closed 

関連記事