親子で異文化交流プログラム(1日目)

1月24日(土)、キャリア教育総合研究所http://www.j-career-edu.org/とコヂカラニッポン共同開催
全3日のプログラム「親子で異文化交流プログラム」第1日目を開催しました。
協力してくれた留学生は東洋言語学院http://www.tls-japan.com/の20歳前後の学生たち。
ロシア・インドネシア・台湾・韓国と皆、違う国の出身。目的をしっかりと持って日本にきている学生たちです。
今回参加してくれた日本の子どもたちは4歳から10歳の子どもたち。

1日目の目的
子どもたちと留学生は自分を知り・他者を知る。
自分について・家族について、留学生はプラス自分の国について、それぞれ紹介しあいました。
留学生は日本語です。

IMG_9391

IMG_9404

IMG_9476

IMG_9482

IMG_9574

親ワークは、自分の子どもの良いところを見直す・自分の子育てについて振り返るワークを行いました。
今後のヒントが見つかったり、今までと違う見方を他の人から教えてもらったり、気づきが多かったようです。
このプログラムの目的。「子どものチカラを信じる」為に自分がどんな事をしていくか?
楽しく考える時間がもてました。

IMG_9539

IMG_9553

IMG_9538

IMG_9548

子どもたちは、自分の自己紹介がしっかりできました。
そして留学生の話は身を乗り出し、興味深々のキラキラした目で、しっかり聴き、ちゃんとメモも取りました。
留学生がしてくれた紹介を基に、どんな事をしたら留学生が喜んでくれるか?
自分の家に招待した時のもてなす方法を自分たちで決めます。

IMG_9645

IMG_9604

どの家族も笑顔で交流を楽しんでいました。
IMG_9635

IMG_9734

最後に子どもから留学生へインビテーションカードを渡し、親子で異文化交流プログラム1日目が終了しました。
IMG_9766

2日目のワークは、留学生がペアとなったご家族の元へ行き、子どもたちが考えたおもてなしを受け、
それぞれの時間を過ごしてもらいます。

最終回3日目は2月6日(土)
本プログラム全体を通しての振り返りワークを行います。

異文化交流を楽しんだ子どもたち・留学生からどんな感想がでるか?
パパ・ママは子ども主体でおもてなしができたか?
最終日に皆の意見を聴くのがとても楽しみです!!
IMG_9776


関連記事