【船橋コヂカラ×地域活性化】「人生ゲーム」準備 と 税のお勉強

2017年1月14日(土)
今年になってはじめての活動がスタートしました。

「あけましておめでとうございます」の挨拶から入り、早速、本題へ。

今日の活動は2時間。
その中で

1.年末に商店街各店舗に子どもたちがヒアリングした ”お店のうり” を、
  人生ゲームのコマの文章へ落とし込むこと。

2.税金についての講座受講

と新年早々、盛りだくさんの船橋コヂカラです。

1、人生ゲーム版のコマ文章への変換

  お店からヒアリングした、お店目線の ”うり” 一文を、お客さん目線に変え、
  お店のPRが短文ででき、尚且つ人生ゲームのコマの文章としておかしくない文章。
  結構、高度なのです。
  「この文章、お客さんが読むんだったらこう変えた方がいいよねぇ」
  「どんなことをアピールしたらいいかなぁ」
  「○○に変えた方がいいかも」「そこの文章ちょっとおかしいよねぇ」など。
  そもそも子どもにとって、販売側の目線(お店目線)は子どもはなかなか
  持っていないスキル。
  自分たちのお店を運営している船橋コヂカラのメンバーだからこそ、
  販売側(お店)の立場も想像して考える事ができるのです。

  

2.税理士さん(コヂカラメンバーお父さん)による税金講座

  「税金の話だったら聴きたい」と保護者の方も参加し、皆で税金について
   勉強しました。

   受講後には子どもたちから沢山質問が
   Q「警察官は税金からお給料が支払われているという事だったけれど、警察官の人も
     お給料から所得税は引かれるのですか?」
   Q「消費税はいつからできたのですか?」など

   とても熱心に聴いているコヂカラメンバーでした。

  アンケートにも
  ・今まで税金は無い方がよいと思ったが、ある方が社会が成り立つので考え方が変わった。
  ・税はすごいはらたきをしていると思った
  ・1年間で小学生一人、86万2千円、税金が使われているのがビックリした。
  ・所得税があるのが知らなかった
  ・今後、買い物のする時に、このお金は国にいくんだなぁ。と思いながら買う気がする。
  ・税は自分たちの身の回りにあるもので、たくさん使われている。
  ・税はすごいと思った  など

   税に興味をもったようです。

   税金の種類や税金の行く先、税金の使い道がどのようにして決まるかなど
   説明を受け、最後に「大人になったらきちんと選挙に行こうね」という
   メッセージを受けとり講座終了。

  ※ 重要な社会の情報を子どもにもきちんと伝える事の大切さを
    実感しました。

  コヂカラお父さん、ありがとうございました。

  

  


関連記事